電気代が安くなる!あなたにピッタリな電力会社の選び方!

「節約を頑張って、食費も交際費も削っているのにお金が貯まらない…」という方が、意外と見落としがちなのが、水道光熱費の削減。

毎月かかる固定費は、生活費を圧迫してきます。

2016年から電力、2017年から都市ガスの自由化がされたことで、生活パターンによっては電力・ガス会社変更でかなりの節約となる場合があるんです。

色々調べるのが面倒で、なんとなく後回しにされている方も多いかもしれませんが、ネットなどで意外と簡単にできますので、早速みていきましょう。

毎月の光熱費の平均っていくら?

まずは、自分が毎月どれくらい光熱費にかけているかをチェックし、世帯別の平均額と比べてみましょう。世帯別の平均額は以下の通りです。

1人暮らし世帯

・電気:2,000円/月~5,000円/月
・ガス:2,000円/月~3,500円/月
・水道:3,000円/月~5,000円/2ヵ月

計 5,500円/月~11,000円/月

2人暮らし世帯【夫婦・カップル】

・電気:8,000円/月~12,000円/月
・ガス:4,500円/月~6,000円/月
・水道:4,000円/月~6,000円/2ヵ月

計 14,500円/月~21,000円/月

3人以上のファミリー世帯

・電気:10,000円/月~13,000円/月
・ガス:5,500円/月~8,000円/月
・水道:6,000円/月~8,000円/2ヵ月

計 18,500円/月~25,000円/月

※オール電化の方は、電気料金が2倍ほどになり、ガス代がほぼ無くなる形になります。

「うち平均以上かも…」と思った方は、電気代を見直すチャンスです

あなたにピッタリの電力会社やプランが他にあるかもしれません。

せっかく電力とガスの自由化がされているのに、高いお金を払い続けるのはもったいないですよね。早速切り替えを検討しましょう。

知ってる?光熱費が安くなる電力・ガスの自由化

今までは、電気とガスは、地域で決められた会社としか契約することができませんでした。

しかし、自由化によって、新しい会社が参入できることになりました。

それにより、会社同士の競争力が高まり、電気・ガス料金の全体的な抑制に繋げられています。

電力への参入会社は100社以上もあり、ガス会社や通信会社など幅広い分野の会社が参入をしています。

なお、2017年から始まったガスの自由化については、都市ガスに限られますが(プロパンガスは既に自由化済)、都市ガス利用者については、更なる恩恵を受けられる可能性もあります。

ネット+電気やガソリン代+電気でお得になるプランも

電力自由化によって、自分の生活スタイルに合わせたプラン、会社を選ぶことができるようになりました。

たとえば、通信会社の場合は、通信料と合わせてセットプランにすることでお得な料金にできたり、ガス会社を選べば、ガス料金とのセットで安くできたりします。

また、車をよく使う方なら、昭和シェルやエネオスなどの会社を選ぶと、ガソリン代が安くなることも。

共働きの方には、時間帯によって電気料金が安くなるプランなどがおすすめです。

各社、新しいプランをどんどん出しているため、本当に様々な組み合わせが存在します。

自分に合いそうなものをピックアップし、よく比較・検討することが大切です。

電力自由化のメリット・デメリット

電力自由化のメリット

①電気代が安くなる

ご紹介したとおり、自分の生活スタイルにぴったりのプランを選べば光熱費の節約となります。固定費を削れるのは、嬉しいポイントですよね。

②発電方法を選べる

今までは会社が決まっていたため、発電方法は会社に委ねる必要がありました。

しかし、自由化によって、風力・太陽光などの再生可能エネルギーを多く使うプランも出ており、環境問題を考える上で、自分のこだわりの方法で電気の供給を受けることができます。

③ポイントサービスなどの特典がある場合も

セット料金で安くなるだけではなく、月々の電気料金によってポイントが付与されるなど、様々なオプションがついている場合もあります。

今までと同じ使い方なのに特典がもらえるなんてとってもオトクですね。

電力自由化のデメリット

①解約金、契約期間の縛りがある会社も

今までは、会社が決まっていて選ぶ余地がなかったので、契約期間を気にする必要はありませんでした。

しかし、色々な会社がある中で、やっぱりこっちの会社が良い…と思うこともあるかと思います。

その場合、契約期間の縛りや、解約金支払の必要がある会社もありますので、契約時にしっかり確認をしましょう。

電力自由化についてQ&A!

自由化については分かったけど、本当に私でも使えるの?と疑問が残る方もいると思います。そこで、よくある質問をまとめてみました。

Q. マンション・アパートでも契約できるの?

A. 契約できます!

マンション・アパートの多くは、電力会社と入居者が直接契約していますので、電力会社の変更が可能です。また、賃貸の場合も変更可能です。

Q. 停電が増えたり、電気が不安定になったりしないの?

A. 選んだ会社によって、電力供給に差が出ることはありません。

参入会社全てにおいて、今までの送電網をそのまま使いますので、会社やプランによって電気が通りづらいなどの差はありません。

また、電柱などの故障の際にも、修繕は送電会社が行いますので、電力会社によって修理が遅くなるようなことはありません。

Q. 手続きが面倒じゃないの?工事は必要?

A. 手続きは、新しい会社に必要番号を連絡するだけ!

工事は必要ですが、基本無料です。

電力会社の切り替えの際は、元の会社への解約手続きは必要なく、新しい会社へ「お客様番号」「メーター個別の番号(供給地点特定番号)」などを伝えるだけで、自動で切り替わります。

その際の工事については、電気メーターの交換が必要ですが、基本的には無料で行っています。

Q. 電気代が高くなったりしないの?

A. 自分にぴったりのプランを選べばOK!

様々なプランが存在する中、自分の生活スタイルとかけ離れたプランを選ぶと、逆に高くなる可能性も。しっかりオトクになるプランを見極めて、元のプランと比較しながら決めていくと良いでしょう。

Q. 法人も契約できるの?

A. できます!

実は法人の大口利用者は、個人向けより前に電力自由化を行っていました。

新電力でも様々なプランが出ており、選ぶことが可能です。

生活スタイルによってぴったりのプランはひとりひとり違う

以上、電力自由化について、まとめてみました。

生活スタイルによってぴったりのプランはひとりひとり変わっていきます。

色々なプランが出ている中で選ぶのは大変そうに思えるかもしれませんが、手続きは思っているより簡単。

また、ぴったりのプランを分かりやすく探せるサイトも多くありますので、まずは一度調べてみるのも良いかもしれませんね。