実は払いすぎ?見直し必須の医療保険

「老後のために入らなきゃ」「就職したから入らなきゃ」と入った保険、なんとなく入ってそのままにしていませんか?

実は医療保険は、不要とも思われるオプションなどが多く、毎月無駄なお金を払っている場合もあるんです。

また、最近では、医療保険自体の必要性も疑問視されはじめています。

そのため、ご自身のライフスタイルに合わせて定期的な保険の見直しが必要なんです。

「入った方がいいって聞くけど…」そもそも医療保険って必要なの?

A. 基本的には入っておいたほうが良いです。

日本は公的制度が整っているので、医療費の自己負担額は減額されることが多いですが、交通費・食事代・衣服代などでお金がかかったり、働けなくなり収入ダウンになる可能性が高いので、これらを補填する目的としても、入っておくと安心です。

近年、平均寿命が延びていることもあり、高齢者の病院受診者数は多くなっています。自分が、けがや病気になった時、保険がどの程度役に立つかは気になりますよね。

実際、「医療費が高くて払えない…保険に入っておけば…」などということは、少ないと言われています。なぜなら、日本は公的制度が充実しており、制度を使うことでかなりの医療費を負担してもらえるからです。

医療費自己負担額を大きくカバーする制度は、この2つ。

①医療費の3割負担

普段、風邪などを引いて病院を受診するときにも使っている制度。

6歳~70歳未満の方は、窓口で保険証を見せると、自己負担額が3割となります。

②高額療養費制度

ひと月の中で、自分で支払った医療費がある一定額を超えたときに、超えた額が支給される制度です。

この金額は、「80,100+(医療費-267,000)×1%」という式で計算されます。

たとえば、医療費50万円(自己負担額15万円予定)の際にこの制度を使えば、自己負担額は8万円程度となります。

こう見ると、とんでもない額を支払う場合というのは、非常に少ないということが分かりますね。

しかし、注意していただきたいのが、

  • 入院時の食事代
  • 差額ベッド代
  • 交通費

などの諸経費は、医療費に含まれないため、完全自己負担となります。

このような雑費が意外とお金がかかるとの声も。

また、入院などで働けなくなると、収入ダウンが見込まれます。

その辺りのお金をカバーする意味合いでも、医療保険に入っておくことをおすすめします。

もちろん、それらを賄える貯金があったり、不労所得などがあるから働けなくなっても大丈夫!という方は、保険自体の解約を検討しても良いかもしれません。

医療保険のオプション(特約)は付けたほうがいい?

保険というのは、「自分ではどうしようもできないほどお金がかかった時に、負担してもらえて助かる」ための制度です。

そのため、いざという時にもらえる金額が少ないのに、高い保険料を払っていても意味がありません。

また、前述の通り、公的制度が整っている日本では、あれやこれやとオプションを付ける必要性はありません。

どんなオプションをつけるかどうかは悩みどころかと思いますが、見直しのポイントは、大きく4つあります。

医療保険を見直すときに考える4つのポイント

①『病気の可能性が低くても、発症した時に貯金ではどうしようもないほど経済的負担が大きいもの』かどうか

たとえば、風邪を引いた時のためのオプションがあったとします。

風邪を引く頻度は高いですが、せいぜい自己負担額は5,000円未満。

経済的負担が大きいとはいえず、このために毎月の保険料を上げてまでオプションを付ける必要はありません。

しかし、たとえば先進医療などはどうでしょうか?

先進医療とは、ある程度実績を積んだ新しい治療法のことで、総額300万ほどかかる場合も。

更に、先進医療は健康保険対象外なので、公的制度が使えず、全額自己負担となります。

こういったものは、いざ起きた時の経済的負担がかなり大きいので、発生率が低くても、オプションとして付けておいた方が無難です。

②病気が発生・発覚したときに保険金がもらいやすいかどうか

日本人の死因ベスト3である「がん・脳卒中・急性心疾患」のときに使える三大(特定)疾病関連のオプションなどは、発生したとしても、保険金が下りる条件がかなり厳しいことで有名です。

たとえば、脳卒中になったとしても、1ヶ月以内に回復してしまうと保険金がおりない場合も。

いざという時に、保険金がもらいやすいものを優先的に付け、その他は公的制度を上手く活用しましょう。

③もらえる保険金は、毎月支払う金額に見合うかどうか

たとえば、通常の医療保険についている通院特約は、毎月支払い続ける額に対して、もらえる金額が下回る場合もあり、こういったものは見直しの対象となります。

ただ、がん保険の場合は、がん治療は通院期間が長くなることが多く、つけておいた方が良いこともあります。

それぞれ自分の入っている保険とよく比較し検討する必要があります。

④元々の保障内容と重複していないか?

女性の方でなんとなくつけている方も多い女性疾病特約。

こちらはよく見ると、通常の医療保険でカバーされることが多く、保障内容が重複している可能性があります。

こういったものは契約内容をよく見直す必要があります。

見直しポイントはたくさん。本当に必要なのか今一度確認すべき

ここまで読んで「私の保険、不要なものばかりなのに高い…」「つけたいオプションの設定が無い…」という方もいるかと思います。

そのような方は、思い切って保険自体の見直し・切り替えを行いましょう。

超高齢化社会の今、どんどん新しいプランが各社出ており、切り替えた方がのちのちオトクの可能性も。

また、保険の切り替えは年齢が若いうちにした方が、実は保険料が安く済むって知ってましたか?

関連:保険の切り替えは若いうちにした方がいい理由

保険には「掛け捨て」と「貯蓄型」の2種類があります。

貯蓄型は、老後に保険金の一部が返ってきますが、選べる保険が少ないのがデメリット。

思い切って掛け捨てで自分にあった保障を選び、その分自分で貯金や投資をしてお金を増やした方が良いかもしれません。

今までせっかく払っていたのに無駄だった…ということが無いように、自分のライフプラン、今後のライフステージを考え、よく検討しましょう。