仕事でストレスを感じる瞬間エピソード5選

毎日お仕事お疲れ様です。今ストレス溜まってませんか?

今回は「仕事でストレスを感じる時ってどんな時?」と題してアンケートをとりました。社会人は毎日ストレスにさらされています。

皆さんはどんなことにストレスを感じているのでしょう?少しでも吐き出して、楽になってくださいね。

最初に報告した!結果論で攻め立てて怒鳴り散らす社長にストレス

私のストレスは、社長が結果論で怒鳴り散らすこと。仕事で問題があった時に、原因を追求しその原因となった人を攻め立てるのですが、最初の頃、社長に報告してもスルーだったのに問題になった時に「なんで最初に気づかなかったんだ?!」とこういう言い方をしてくるところがストレスです。(32歳/不動産業経理)

しっかり報告したにも関わらず、自分のことは棚に上げて怒鳴ってくる人いますね。それが社長となるとやっかいです。

会社は社長次第なところもあるのに、残念です。

現場にいない本社からの理不尽な命令

上司や会社から理不尽な指示をされ、従わざるを得ない時にストレスを感じます。実際に現場に立っていない人間がお客様の事を考えているとは思えません。本社の中で考えた事を強要し、仕事がしづらくなりお客様に迷惑をかけている事がとても多いことがストレスです。(30歳/小売接客業)

会社で指示するだけの現場を見てくれない上司のせいで、お客様が迷惑をするなんてあってはなりませんよね。

こういうとき、ビシッと本部に言ってくれる上司がいるとステキです。

そりゃないっすわ…10年以上前の請求書を必死で探し出したのに使わずじまい

取締役に無理難題を言われる時が一番ストレスを感じます。過去に10年以上前の請求書を探してほしいと言われ、倉庫からほこりをかぶっている請求書をなんとか探しだし、提出したのですが、結局その資料を使うことはなく、何がしたかったのかよくわからないまま終わりました、ムダな時間だったというストレスだけ残りました。(29歳/自動車部品製造会社経理)

せっかく探し出した請求書は使わずじまいだなんて、骨折り損でしたね。

相手が取締役だから無理難題を断るわけにもいかないですし、時間を返してくれと叫びたくなります!

お客様は「神様」じゃない。無理難題を言われる上にお叱りのお言葉

お客様に無理難題を言われた時にストレスを感じます。例えば、GWの旅行などは発売前にご希望をお伺いしていても、なかなか予約が取れない事が多いです。お客様にはそのことを重々ご案内しますが、いざ予約が取れなかった時には、「なぜ前もって言っているのに取れないのか!」とお叱りの言葉をいただきます。発売は全国一斉発売で、どうしても予約可能数にも限度があるので取れない可能性が高いのですが、なかなか理解して頂けません。(28歳/旅行代理店)

お客様は「王様」ではありません。お金を払っているから偉いわけでもありません。たまに勘違いしている人がいるのは悲しいですね。

わたしたちも気をつけなければなりませんね。

声が大きい上司にイライラ!わたしは静かに仕事がしたいだけなのに!

わたしのストレスは仕事中にやたら声が大きい上司が延々と話を続けていることです。声があまりにも大きいので自分が仕事をしていてもイライラしてしまいますし、ただただうるさいのでストレスに感じます。上司だからと言って声の大きさも考えず、話す内容もくだらないのでストレスです。(30歳/教育関係事務)

静かに集中して仕事がしたいのに、声が大きい人がいるとやる気をそがれてしまうことあります。こういう時、会社にストレスを感じます。

もっと自由に仕事ができるとこういうストレスはなくなるのですけどね。

まとめ

皆さん日々、社会人としてストレスを感じていらっしゃいました。がんばりすぎずに、たまにはリフレッシュしてくださいね。

過度なストレスは病気の原因にもなります。

運動したり、数分だけでも悩みを忘れる時間を作りましょう。このアンケートのように外に吐き出すのも手ですね。

同僚と飲みにいったり、友達に愚痴を聞いてもらったりするのもよいかもしれません。

決して無理をせずに、ストレスと上手に付き合っていくことが必要です。

大丈夫、みんながんばる貴方の味方ですよ!