別れることなく、彼氏の束縛から抜け出せた方法5選

好きだからこそ束縛しちゃう!

そんな気持ちも分かるけど、我慢の出来ないような行き過ぎた「やり過ぎ束縛」もありますよね。

そんな彼氏でも「大好きだから別れたくない!」という方も少なくはないんじゃないでしょうか。今回はそんな方向けの対処法です。

方法①男は女の涙いに弱い…はず!大げさに泣いてみる方法。

どこに行くにも行き先や遊ぶ相手など事細かく聞いてきたり、ひどい時はこっそりついてきていた彼氏に「そんなに私のこと信用できないってことだよね?」と言って大げさに泣いたら彼も反省してそれ以降束縛しなくなった。(人事系事務・26歳女性)

こっそりついてくるとか…そこまでする!?コレで解決したらいいのですが、実はまだ束縛されていてそれに気づいてない可能性が無いか心配です。

方法②飲み会は1次会まで。終わったらテレビ電話。条件を提示する方法

職場の男性社員の割合が多いため、付き合っていた彼氏は職場の飲み会と言うといつも断って帰って来るように言われ束縛されていました。飲み会の開始前と終了後にテレビ電話連絡をすること、飲み会途中でもラインの返信をすること、必ず一次会で帰宅することを条件に飲み会に参加できるようになりました。(建設業の設備設計・30歳女性)

飲み会に行くために、しぶしぶ条件を提示!飲み会に行けないよりはいいけど…テレビ電話をいちいちするとか考えられないかも。本人が納得しているなら…いいのかな?

方法③「じゃあ死ねば?」警察にお願いする方法

高校生の頃お付き合いしていた4歳上の彼の束縛が酷かったです。バイトが終われば外で待っているは当たり前、女友達と出掛けていても本当かどうか確認しに来る、電話に出なければ着信100件越えでうんざりでした。別れ話をしたら「死ぬ!」と…。「じゃあ死ねば?」と言ったら本当に自殺をしようとしため通報。未遂に終わりましたが、私は警察の事情聴取を受け、彼は警察から厳重注意。その後は警察からの注意が効いたのか束縛は緩くなりました。(専業主婦・34歳女性)

Oh…これが噂のメンヘラってやつですね。

女性がメンヘラってよく聞きますが、男のメンヘラほどみっともないものはありません。

でもまあ懲りたっぽいし、今は幸せに暮らせてるといいですね。

方法④知り合っちゃえば問題なし!男友達全員に会わせる方法

とにかくヤキモチ焼きな彼氏だったので、他の男からメールが来るだけでもキレることも。そこでアドレス帳に入っている男の子全員彼に紹介して「こんな奴だよ」と分からせたら安心したのか、あまりうるさく言われなくなりました。(会社員、接客サービス業・27歳女性)

友達を紹介するのは効果的ですよね!彼からすれば、別の男の子の名前を出しても、「あ~あいつか~」と顔が浮かんだら安心度が全然違うと思います。

方法⑤普段温厚な人ほど、怒るとコワイって言うよね。ちゃんと怒ってみる方法

いつもはニコニコしていて、まず怒ることのない私でしたが、他の男性とあいさつをかわすだけで彼には嫌な顔をされ、「そんな笑顔で挨拶する必要あるん?!」と言われたときに、プチっときれてしまい「いちいちうるさいんやわ!!」と怒鳴りつけました。すると、それからは細かいことは言われなくなりました。(専業主婦・26歳女性)

こちらはシンプルに怒鳴ったら、束縛が緩和されたパターン。

普段怒らない彼女さんだけあって彼氏は相当おどろいたんでしょうね。「私だって怒る時は怒る!」という一面を見せておいても良いかも。

まとめ

「どこにいるの?」「誰といるの?」なんて流行りのJ-POPみたいな質問も、付き合いたての頃なら「かわいい~」と思えるものです。

でも、長く続くとだんだん嫌になってきちゃいますよね。

いくら想われていても、束縛され過ぎは窮屈。

彼氏が束縛するタイプでストレスを感じているアナタは、今回紹介した方法を試してみると良いかも…?でも逆に、自分は彼に対してそんな「鬱陶しい束縛」をしていないかも思い返してみて下さいね!

どうしても甘えたいときは、「かわいい嫉妬」程度に抑えるようにしましょう。