10代女子中学生&高校生がハゲる3つの原因とは?自宅の対策法

最近では、中学生高校生大学生薄毛になってしまう人も多いようです。

電車内を見渡すと、制服姿の分け目ハゲの子を見かけませんか?

成長期である10代で薄いのはかなり深刻です。

いったんスカスカになってしまうと、元のフサフサの状態に戻すのは困難を極めます。

ぜひ今から対策をして、この先の長い人生を楽しめるようにしましょう。

10代の中学生・高校生が分け目ハゲ・薄毛になってしまう原因

対策するには、まず原因を探る必要があります。

こんな事を普段からしていませんか?

以下に当てはまるものがないかチェックしてみて下さい。

原因1 生活習慣

 

・食生活の乱れ
・運動不足
・睡眠不足
・生理不順
・スマホゲームのやりすぎ
・肩こり
・SNSのストレス
・お風呂に入らずに寝る

身近なもので一番気になるのは、スマホにまつわる生活習慣です。

昔は少なかった女性の薄毛が、現在非常に増えている原因は…便利すぎる世の中にあるのではないでしょうか?

スマホに夢中で夜更かし。LINEやインスタによる人間関係のストレス、妬み、ひがみ…。

昔は昔でストレスが溜まることもあったかもしれませんが、現代人の薄毛はネットの発達が原因なのかもしれません。

原因2 身体的なもの

・生まれつき
・遺伝

生まれつきの薄毛かどうかを確認するには、幼少期の写真と見比べてみてください。

「幼稚園の時から薄いかも…」と思う写真があるなら、ほぼ生まれつき。

おそらく、髪の毛が少ないタイプの人間で、薄毛を治すというより、薄いその状態が正常ということです。

ただこのタイプはかなり稀で、本当に尋常ではないくらい薄くなります。

昔はフサフサだったのに…という記憶が少しでもあるのなら、生まれつきではないと言えます。

遺伝については、両親・祖父母に薄毛の人がいる場合、それを引き継ぐ可能性はあります。

ただ、確実に薄毛になるわけではなく「薄くなりやすい体質」ということ。

体質は変えられませんが、生活習慣に気をつければ薄毛を阻止することは可能でしょう。

原因3 頭皮環境

・頭皮が赤い
・痒い
・痛い
・ヒリヒリする。

上記のような症状は、脂漏性皮膚炎などを含む皮膚の病気を起こしているかもしれません。

脂漏性皮膚炎で抜け毛が増える可能性は十分にあります。

まずはこれらの頭皮の異常を治すことが最優先です。

近所の皮膚科でいいので、お医者さんに診てもらって正常な頭皮にすることが、健康な髪を生やす近道です。

つづいて、対策編です。

対策①家族に内緒にしたい。お金を掛けたくない場合

薄毛を早期に改善するには、お金はどうしてもかかります。

ただ、10代・20代の若い人なら細胞の生まれ変わりが早いので、生活習慣を正せば自然に回復する希望はあります。

次のことをまずは徹底して生活してみて下さい。

睡眠をしっかり取る

7時間以上の睡眠は必須です。

テスト期間中も、深夜番組が面白くても、好きな人とのLINEが盛り上がっていても…

遅刻せずに学校へ行くことを考えたら、23時には就寝するのがベストでしょう。

実際、幼少期~10代のうちに就寝時間が遅かった人はハゲやすい(しかも女性に至ってはバストも成長しない!)という調査報告があります。

良い睡眠をとるために…

・夜、なかなか寝付けない…昼間に思いっきり運動を!体を疲れさせて眠りやすく。

・寝る直前までスマホ、テレビ、パソコン…脳が興奮して寝付けない原因に。寝る30分前には液晶画面を見るのをやめる。

栄養バランスを意識して3食しっかり食べる

髪の毛は90%以上がタンパク質ででいています。

肉・魚・卵・大豆製品はなるべく意識して取り入れましょう。

もちろん野菜も大切です。

野菜に含まれるビタミン・ミネラルを一緒に摂ることで、他の栄養素の吸収率も上がります。

糖質制限ダイエットは髪に良くない!

糖質、つまり炭水化物は体にとって一番使いやすいエネルギー。

糖質エネルギーがあまりにも足りないと、体は仕方なく『筋肉や髪の材料であるタンパク質を分解して、エネルギーとして使おう!』となってしまいます。

食べ過ぎもモチロン良くないですが、制限し過ぎもいけません。

ストレスを溜め込まない

ストレスが髪にとって良いことはひとつもありません

わかっていても、家族・友達・クラスメイト…誰かと一緒に生活せざるを得ない以上、ストレスはつきものです。

なるべく自分なりのストレス発散方法をたくさん見つけておきましょう。

ノートに今の気分を書きなぐる、友達に愚痴る、カラオケで発散するなどもいいですね。

思いっきり趣味に打ち込む時間を作ってみても良いかもしれません。

また、可能ならストレスの原因となる人・こと・モノから離れるのが一番です。

苦手な人からは逃げてしまいましょう。

スマホの時間を減らす

現代人のストレス、大きな原因はこのスマホにあると言えるでしょう。

ゲームでクリア出来なかったガチャで狙ったやつが出なかった…など悔しい思いをしたことありませんか?

LINE送ったのにずっと未読…既読になっても返事が無い不安

インスタで楽しそうにしている友達の投稿が羨ましい

これらの感情は気づきにくいですが全て「ストレス」となり髪にじわじわダメージを与えています

SNS、ゲームはやっていなければストレスにもなりません。

いきなりスッパリ辞めるのは難しいかもしれませんが、スマホとは程よい距離感で付き合っていきましょう。

日頃から運動をする

運動には血行促進成長因子の分泌を促す効果があります。

成長因子とは

髪の毛を発毛+成長させる信号のこと。

薄毛の人はこの成長因子が圧倒的に少ないことが近年の研究結果で判明。

食べたり、飲んだり、塗ったりして増やすことは出来ない。

運動することで増やす事ができる

血行を良くすることは意外と忘れられがちですが、育毛にとって大切なことです。

せっかく栄養を摂っても、血行が悪くて髪の根元まで届かなければ意味がありません。

あとは運動すれば寝付きも良くなるし、ストレス解消ダイエットにもなっていい事ずくめです。

身体を壊すほどの激しい運動は良くないですが、程よく自分のペースで運動してみて下さい。

シャンプーの方法を見直す

シャンプーの方法が間違っていて頭皮にダメージを与えているかもしれません。

予洗いせずにシャンプーをつけたり、爪を立ててゴシゴシ、熱いお湯でのすすぎ…などに心当たりはありませんか?

また10代・20代は皮脂の分泌が多いので、正しくシャンプーしないと頭皮に汚れが残ってしまうことも考えられます。

夜、お風呂に入らず・洗髪をせず寝てしまうなんて論外!絶対にいけません。

サラっとおさらい・正しいシャンプーの方法

・入浴前に乾いた状態の髪をブラッシング。絡まりをほどく

・熱いと感じない程度のぬるま湯で入念に予洗い

・手のひらでしっかり泡立てたシャンプーを頭に乗せる

・頭皮をマッサージするように指の腹でやさしく洗う

毛先には泡を軽く行き渡らせる程度で

・再びぬるま湯で、ヌルつきが無くなるまで丁寧に洗い流す

タバコを吸わない

未成年であろうがなかろうが、髪のことを気にするならばタバコはやめましょう

とくに成長期の喫煙は絶対ダメ

一般に10代から成人になるまで髪の毛は増えますが、タバコを吸えば髪の成長が止まり、人より少なくなる危険があります。

飲酒しない

成人しているのであれば、たまに飲む適量のお酒は血行も良くするので100%髪に悪いわけではありません。

ただし未成年は別です。

臓器の機能が整っていない未成年の飲酒は、肝臓に負担がかかりすぎてしまいます。

肝臓は栄養素をからだの各地へ届けるため、分解・分配する役目を持っています。

その肝臓がアルコールでダウンするということは…髪どころか全身が栄養不足になってしまいます。

対策②薄毛専門クリニックへ行く

対策1.では、ごく当たり前のことをはじめ、ついついサボってしまいがちなことを羅列してみました。

抜け毛が少し気になるなぁ…」程度なら、これで少しは改善が見込めるでしょう。

ただし、上記のことを半年~1年以上は継続しなければ変化はあらわれません。

今すぐに何とかしたいのであれば、お金はかかりますが薄毛専門クリニックへ行きましょう。

薄毛専門クリニックでも対策1で述べたような事は指摘されるでしょうが、薄毛専門クリニックだったら薬の処方をしてもらえます。

薄毛治療は健康保険の適用外なので、料金は月に最低でも1万~2万円以上と、どうしても割高にはなってしまいますが、

生活習慣の改善+薬での対策で、確実に早く発毛します。

最近は薄毛治療専門クリニックも増えてきましたが、提携院を含め全国に50院ある東京ビューティークリニックが通いやすくて良いんじゃないでしょうか。

▼東京ビューティークリニックの通いやすいポイント

  1. 月7,000円から手軽に薄毛治療が始められる
  2. 多くの患者が納得した、発毛実感率99.4%
  3. 全国規模の女性専門発毛病院(全国に提携院多数)
  4. 急な引越し、転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる

皮膚科では取扱のない育毛薬を扱っているので、より専門的な治療が可能です。

初回は無料のカウンセリングもしているので、気になる方は受けてみて損はないですよ。

関連:東京ビューティークリニックってどんなところ?

注意!近所の皮膚科では真面目に診てもらえないかも

最近は薄毛治療をする個人の皮膚科も増えてきていますが、だいたいが男性の薄毛(AGA)治療のみの場合が多いです。

女性の薄毛治療について知識・理解が少ない町医者へかかると、「気にしすぎ」と言われて帰されることも多くありません。

マジマジと見られた挙げ句、そんなことを言われて落ち込むくらいなら、はじめから薄毛治療専門のクリニックへ行くのがおすすめです。

対策③市販の育毛アイテムを活用する

こちらも多少お金はかかりますが、何もしないよりはマシ、という考えなら使うのもいいでしょう。

育毛剤を使ってみる

どうせお金を出して買うなら、しっかりした成分が入っており、ちゃんと発毛効果が期待できるものを選んで下さい。

安いだけで選んだ育毛剤ならば、使わなくても一緒ですからね。

育毛剤に興味がある方は、こちらの育毛剤の選び方ページも参考にしてみて下さい。

また、当サイトで徹底的に成分なども調べた上で、今のところ特にオススメできるのはこの3種類です。

※無添加で肌に優しく、配合成分もバッチリの『ハリモア』

※新成分も配合で期待度MAXの『リジュン』

※薄毛治療も行っている皮膚科医が監修した育毛剤『ミューノアージュ』

いずれも、使う際は正しくシャンプーをして頭皮の汚れを落とした後に塗りましょう。

ただ、育毛剤を使うにあたっても生活習慣の改善は必須です。

育毛剤さえ使えば栄養や睡眠が不足しても髪が生えるというわけではありません。

育毛サプリメントを飲んでみる

普段の食事からバランスよく栄養を摂れることが一番の理想ですが、どうしても難しい場合はサプリメントに頼るのもアリです。

あまりいろいろな成分が入りすぎていると値段も高くなりますし、正直育毛には必要ない成分も入っていたりします。

必要最低限の成分で髪の成長を助けてくれるものを選ぶのが賢いですよ。

編集部が10代・20代の女性にもオススメできるのは『イクモア』というサプリメントです。

他にも色々なサプリメントが出回っていますが、「白髪にいい成分」だったり「更年期の女性にオススメの成分」が入っているものが多く、それでいて高価なので若い方には必要ないでしょう。

詳しい成分などは以下のページで解説していますので、興味のある方はご覧ください。

医師監修・1日66円からの育毛サプリメント【イクモア】

中学生・高校生・大学生の皆さんへ。10代~20代の薄毛は治る

10代女子で薄毛はかなり珍しく、基本的には薄くはなりません。

生まれつきではない場合、生活スタイルによるホルモンバランスの崩れ・生理不順・頭皮環境悪化によって引き起こされることがほとんどです。

まだ気になる程度の薄毛なら十分に治る可能性があります。

生活習慣を正し、きちんと対策することで楽しい20代を迎えられますよ。

かなり深刻な薄毛・分け目はげで今すぐどうにかしたい場合は、手遅れになる前に勇気を出してクリニックへ行ってみて下さい。

東京ビューティークリニック

この記事を書いた人
miho yamanaka

女性の薄毛を研究する「つむじ研究女」というブログを運営しております。
https://tsumuji-kenkyujo.net/

miho yamanakaをフォローする