【BA監修】パサつき・ごわつき予防&薄毛にもOK!おすすめヘアオイル10選!

トリートメントとして非常に人気のあるヘアオイルですが香りがいいものや保湿効果の高いもの、パサつきや広がりを改善してくれるものなど、ヘアオイルといっても沢山の種類がありますし沢山のブランドから自分に合うものを選ぶって結構大変ですよね。

今回は、化粧品検定1級を持っているビューティーアドバイザーの私がオススメのヘアオイルをご紹介していきます。

プロの美容師に聞いた使い方のアドバイスも載せていきますので参考にして下さい!

ヘアオイル選びのポイント

なりたい髪に合わせて成分選びにこだわりましょう。

ヘアオイルには植物由来の物とミネラルオイルという鉱物由来のもの、大まかに2つに分けられます。

植物由来オイル

植物由来の物ですとホホバオイル、アルガンオイル、アーモンドオイル、サンフラワーオイル、またエッセンシャルオイルをたっぷり使ったタイプなどがあります。

オイルの中でも1種類のみ使用したキャリアオイルタイプのものは割と重めのテクスチャーになりますので間違えるとベタベタになってしまいますが、頭皮や全身のケアにも使えるというメリットもあります。

数種類のオイルが混ざっているものはどちらかというとサラサラしたものが多いです。

植物由来のものは馴染みが非常によく浸透力が高いためしっとりとした仕上がりが好きな方にオススメです。

髪の毛の内側からしっかり潤ってくれるので傷んだ髪の改善に向いています。

ただ100%の成分のものは酸化しやすいというデメリットもあります。

ミネラルオイル(鉱物油)

次にミネラルオイルを使用したものですが、有名な物だとベビーオイルやワセリンなども鉱物由来のオイルになります。

鉱物油と言うとあまりよくないイメージを持つ方もいますが、非常に安定した成分で医療用としても使われているぐらい安全です。

こちらは浸透性はない為どちらかというと髪の毛の表面に効果を発揮します。

手触りを良くしたりツヤを出したり、表面を守ってくれるのでさらなる外的ダメージを防いでくれる効果もあります。

ヘアオイルを使いたいけどべたつくのが嫌な方、手触りを重視したい方にオススメです。

使うオイルによって仕上がりが変わりますので自分の髪質に合ったものを使用しましょう。

ノンシリコンの方が安心?

ヘアオイルには植物由来のオイルでもシリコンが使われているものも多いです。

成分名としてはジメチコン、シクロメチコン、シクロペンタシロキサンなどで、いわゆる人工油のこと。

シリコンは髪の毛1本1本をコーティングしてくれる効果があるので、手触りを滑らかにしたい方や傷んだ髪をサラサラに見せる効果が高いです。

シリコンは毛穴を塞いでしまうという噂がありましたが、現在の研究では洗髪ごとに洗い流されるのでシリコンの成分が毛穴に詰まったりはしないということが分かっています。

そもそもヘアオイルは髪の毛につけるもので頭皮にはつけませんので(頭皮用オイルは別です、頭皮にも使えるものはノンシリコンの100%植物由来のオイルです。)手触りを良くしたい、髪の毛が絡まりやすい、特に傷んでボリューム・広がりをおさえたい、うねりなどを落ち着かせたいという方は、シリコン入りの方が希望の仕上がりに近づきます。

またオイルを使いたいけどベタつくのが嫌だという方にもおすすめです。

香りで選ぶ

100%天然のオイルは無臭のものが多いですが、そうでないものは香りの種類も豊富です。

嗅覚と脳はダイレクトにつながっている為、良い香りでリラックスしたり、元気になれたり女性ホルモンをアップさせてくれたりと様々な効果があります。

特に髪の毛は鼻に近い場所にあるので、自分の好きな香りを選ぶのって大切です。

一日中テンションが上がりますし、女子力もアップします!

是非自分のお気に入りの香りを見つけてください!

値段は高い方がいいの?

安いからといっても企業が頑張って努力してなるべく良い成分を使用しているブランドもありますし、高いブランドは広告費などがほとんど、というブランドもあります。

なので一概には言えませんが、高いブランドでは貴重で希少な成分、かなりこだわりを持った上質な成分を配合しているんですよね。

例えば今人気のアルガンオイルで比べてみると、オイルを搾油する方法に機械で搾油する方法と、手絞りで搾油する方法があります。

機械で搾油すれば大量に早く搾油することができるというメリットはありますが圧搾する際に熱を加えるために成分の栄養価が半減してしまいます。

逆に手絞りで搾油する方法ですと非常に手間がかかりますが熱や摩擦のダメージがないためかなり高品質で栄養素の高いオイルを搾油することが出来ます。

こうした所に値段の違いが出てくるのです。

安い物には安い理由、ある程度お値段がする物にはそれなりの品質やこだわりがあるということです。

値段だけで決めず、どんな成分を使用してどんなこだわりがあるのか調べるのがおすすめです。

ヘアオイルってどんな効果があるの?

  • 髪を乾燥から守ってくれる
  • 髪をドライヤーやコテの熱から守ってくれる
  • 髪を紫外線ダメージから守ってくれる
  • 髪をツヤツヤでまとまりやすくしてくれる
  • 髪のうねりや広がりを改善してくれる
  • 髪のキューティクルを保護、守ってくれる

ブラッシングなどの摩擦ダメージを防ぐ︎

簡単にケアができるのに嬉しい効果が沢山あります。

オススメのヘアオイル10選

1. ケラスターゼ HUユイルスブリムティーインペリアル

ケラスターゼはオイルの種類が沢山あります。

メーカーさんとお話をする機会があった時にどれが一番しっとりまとまるかうかがった所こちらが一番おすすめとの事でした。

フローラル系の香りも非常に高級感があります。

アルガンオイルを含む4つの希少なオイルを使用しており手触りも滑らかです。

パサつきを改善してしっとりツヤをだしてくれます。

2. ウカ ヘアオイル レイニーウォーク

名前も可愛いこちらは湿気による雨の日の髪のうねりや広がりを押さえてくれるオイルです。

ユーカリやミントの爽やかな香りが雨の日のジメジメした気分をすっきり吹き飛ばしてくれるようなリフレッシュする香りです。

ハリコシを出しサラサラとした仕上がりです。

もちろん雨の日以外も使えます!

3. ロクシタンファイブハーブスリペアリングヘアオイル

5つのハーブを使用したこちらのヘアオイルはサラリとしたテクスチャーと贅沢な5つのハーブでダメージをしっかり修復してくれます。

香りは5つのハーブの中でもイランイランの香りが強いかな?と感じますがそれがとにかくクセになる香りで香りが好きで使っている方も多いヘアオイルです。

4. ラサーナヘアエッセンス

こちらはさらさらとしっとりとふんわりタイプがありますので、ご自身の髪質に合わせて選べます。

潤いを閉じ込めダメージを修復する効果が高く、髪に必要なアミノ酸ミネラルを多く含むブルターニュ産海藻エキス使用もポイントです。

カラーやパーマのダメージ修復にも効果的です。

5. ヴェレダ オーガニックヘアオイル

こちらはシャンプー前の頭皮パックもできるオイルになります。

頭皮にこちらをつけて馴染ませマッサージしてからホットタオルを巻いて15分蒸らします。

その後普通にシャンプーをするとハリコシツヤさらに頭皮を柔らかくして頭皮環境まで整えてくれます。

またピーナッツオイルやエッセンシャルオイルで髪にハリコシを与えながら感想やパサつきをケアしてくれます。

オーガニックやノンシリコンにこだわりたい方におすすめです。

6. ジョンマスター ARオイル

100%オーガニックのアルガンオイルです。

縮毛や枝毛が気になる方や頭皮のケア、もちろんボディケアもできます。

オーガニック認証USDAを取得した天然植物オイルになります。

こちらもオーガニックにこだわりたい方におすすめです。

7. テラクオーレ ヘアトリートメントオイル

テラクオーレも本格的なオーガニックブランドで有名ですが、こちらは髪にツヤや輝きを与える贅沢なダマスクローズのオイル美容液です。

ダマスクローズとは、ローズ界の女王と言われておりクレオパトラも愛したローズと言われています。

さらにアルガンオイルやアマニ油などの植物由来のオイルをブレンドした栄養価の高いオイルです。

8. シスレー リチュアル プレシャス ヘアケアオイル

こちらは100mlで1万円越えとかなりリッチなヘアオイルです。しかし100mlって結構量がありますのでそんなに高すぎるという事はないと思います。

そして使うと効果に本当に驚かされます。べたつかないのに瞬時にツヤが出て一瞬でサラサラヘアになれます。

オイルは4種のオイル(パッションフルーツ、シア、コットン、モリンガ)が配合されており非常にスタイリングもしやすくなります。

香りは少し強めなので好みは分かれるかもですが、一度使用したらこのお値段なのは納得です。

普段使いは無理でもここぞ!という時におすすめのヘアオイル です。

9. ロレッタ ベースケアオイル

こちらは見た目も可愛い女子受け間違いなしのオイルです。勿論見た目だけではありません。

優しいダマスクローズの香りとサラサラの軽めのオイルでふわっとしたスタイリングやエアリー感がお好きな方にも紹介したいオイルです。

しっとりまとめたい方にはロレッタプレミアムベースケアオイルもあります。

10. プロダクト ヘアシャインセラム

こちらはワックスで有名なプロダクトのオイルミストになります。

オイルなのにミストってちょっと珍しいですよね。どちらかというと美容液のようなオイルです。材料もシンプルで4つのみ!さすがオーガニックにこだわったブランドですね。

こちらはサラサラのミストオイルですが頭皮につけてしまうとやはりペタッとしてしまうので気をつけてください。ベタつきが気になる男性へのギフトなんかにも喜ばれると思います。

アウトバストリートメントとしてももちろんですが、コテなどのスタイリングの際に乾いた髪に使用するともちがよくなりますよ!

ヘアオイルの付け方

では現役美容師さんもオススメのヘアオイルの付け方をご紹介していきます。

●シャンプー後の濡れた髪の毛につけましょう

オイルは濡れた髪の毛の方が浸透しやすい特徴があります。

●タオルドライはしっかりしましょう

濡れすぎた髪の毛だと水分の飽和状態によりトリートメント成分が入っていかなくなります

●毛先から中間を中心にしっかり馴染ませてつけましょう

間違えても頭皮にはつけないでください。ペッタリして、お風呂に入ってない人のように見えてしまいます。

●しっかりブラッシングして馴染ませましょう

つけたオイルをまんべんなく行き渡らせる事ができます。

それぞれのヘアオイルの特徴を知って使用することでなりたい髪質に近づけることが出来ます。

また毎日同じヘアオイルを使用するのではなく、その日の香りのイメージやストレートの時はしっとり少し重ためのヘアオイルを使い、巻き髪の時はサラサラタイプを選ぶというように使い分けをするのもおすすめです。

そして値段だけではなく成分もしっかり見て自分に合ったヘアオイルを見つけてください!